皮膚科、痩身・しみ、しわ治療の美容皮膚科なら長野市「わかこ皮ふ科クリニック」へ。

医療法人咲花会 わかこ皮ふ科クリニック皮膚科・美容皮膚科

長野県長野市若里4丁目14番35号

●診療時間<皮膚科>9:00~12:00 15:00~17:30 <美容皮膚科>9:00~17:30(完全予約制)

お気軽にお問合せください

026-217-1230

エンディメッドPRO

ENDYMED PRO  エンディメッドプロ

エンディメッドPRO の特徴

エンディメッドPROは、特許技術「3DEEPテクノロジ-」搭載最先端RF機器です。

RFエネルギーがお肌の真皮層に働き、コラーゲン線維の再構築を促し、お肌の引き締めたるみの改善が期待できます。

✧RFとは、高周波(Radio Frequency:RF)を意味し、 レーザーとは違い、表皮のメラニン色素に吸収されることなく、皮下深部にまで到達します。          皮下の最適な深さで効率的に加熱し、お肌を引き締めタルミを改善します。

 

 従来のRF機器と「エンディメッドPRO」の違い

従来のRF機器の種類としては、モノポーラ型バイポーラ型があります。

モノポーラRF

サーマクールに代表されるモノポーラ型は、皮膚に電極の一方をあてるタイプであり、施術に痛みを伴いやすく、また稀に脂肪萎縮などの合併症が生じることがあります。

バイポーラRF

バイポーラ型は、ハンドピースに二つの電極が配置されており、両極間に高周波を流すタイプです。浅い層を加熱することに適しており、タイトニン効果は弱いのが欠点です。

特許技術の『3DEEPテクノロジー』

エンディメッドPROでは、電極を変化させていくことで、目的の深さで必要な熱量を効率的に発生させます。効率的に層状に熱量を発生させることで、無痛で心地よく十分なエネルギーを与えることができます。

これが、他の治療器ではできない、特許技術『3DEEPテクノロジー』です。

 こんなお悩みの方にお勧めです

  • お顔がたるんできた
  • ほうれい線が気になる
  • 首のたるみ、小じわが気になる
  • マリオネットラインが気になる
  • 目元の小じわが増えてきた
  • お肌にハリ・弾力がなくなってきた
  • ニキビ跡が気になる
  • 肌質を改善したい
 複数のハンドピースから目的に応じて選択が可能!

 FSRについて

高周波(RF)を点状に照射(フラクショナル)することで、 お肌を入れ替え、毛穴、ニキビ跡、妊娠線などの治療に効果を発揮します。

 施術例

RFの熱エネルギーにより、コラーゲン繊維が収縮するため、施術後すぐにお肌が引き締まるのを実感できます。

また、コラーゲンの再構築を促すことで、施術後も長期にわたるお肌の引き締め、たるみ効果を促します。

治療内容:肌の奥深くに高周波の電気的な熱エネルギーを加え、コラーゲンの生成を促進してたるみの改善を促すことを目的とした治療費用:顔もしくは首単発25,200円~、目元集中27,000円~リスク・副作用:熱傷

 『3DEEP』RFの特徴

即効性&持続性

RFの熱エネルギーにより、コラーゲン繊維が収縮するため、施術後すぐにお肌が引き締まるのを実感できます。

また、コラーゲンの再構築を促すことで、施術後も長期にわたるお肌の引き締め、たるみ効果を促します。

痛みのない心地よい施術

「3DEEPテクノロジ-」によりRFエネルギーを安全に効率よく届けます。 皮膚深層部に届くように集中的かつ制御されているため、施術中の痛みがなく、心地よく十分なエネルギーを届けることができます。

治療に合わせた複数のハンドピースを搭載

本機器はお悩みや治療部位に合わせた複数のハンドピースを搭載。お顔や首のたるみだけでなく、アイファインハンドピースにより目元のシワやたるみを集中的に治療できます。                         さらに、フラクショナルハンドピースは、肌質改善やニキビ跡の治療用にデザインされています。

 【集中コース】施術プロトコール
weeks

 0

 1 2 3

 4

 

 5 6 7
施術回数 

【集中コース】は、最大の効果を出すためのもので、最初の4回は1週間ごとに繰り返し、その後は2週間おきに2回繰り返す、計6回コースとなります。

 治療の内容・費用・リスク・副作用について

治療内容:肌の奥深くに高周波の電気的な熱エネルギーを加え、コラーゲンの生成を促進してたるみの改善を促すことを目的とした治療

費用:顔もしくは首単発25,200円~、目元集中27,000円~

リスク・副作用:熱傷。ただし、比較的ゆっくりと温度を上げていく施術であることと、施術者の手の動きを止めると自動的に高周波エネルギーが出ないよう設計され、熱傷のリスクを最小限に抑えられています。