皮膚科、痩身・しみ、しわ治療の美容皮膚科なら長野市「わかこ皮ふ科クリニック」へ。

医療法人咲花会 わかこ皮ふ科クリニック皮膚科・美容皮膚科

長野県長野市若里4丁目14番35号

●診療時間<皮膚科>9:00~12:00 15:00~17:30 <美容皮膚科>9:00~17:30(完全予約制)

お気軽にお問合せください

026-217-1230

まつ毛治療薬

     ~医療機関だからこそ、本当の【まつ育】を~

チェックがついたら、あなたのまつ毛は不足していたり、不十分な状態かもしれません。まつ毛の「短い・細い・少ない」は、医療機関で治療できます

まつ毛貧毛症治療薬

Dr's advice

年齢やまつエク・つけまつ毛などで短く・細く・少なくなってしまったまつ毛はクリニックで治療できますよ!

本製剤は国の承認を受けた国内初・唯一のまつ毛治療薬で、寝る前にまつ毛の生え際に1滴塗るだけで、まつ毛が長く!太く!濃く!なることを目的とした治療薬です。

もちろん私も毎日「まつ育」しています。

症例写真

治療名:睫毛貧毛症治療                                               治療の内容:上まつ毛の長さ、豊かさ(太さ)、濃さを改善する外用薬                          副作用:虹彩色素過剰、眼瞼溝深化、眼瞼色素沈着、目の周りが多毛、まぶたのかゆみ、目がしみる、目のかゆみ、目の痛み     価格:1箱12,600円(税別)

診療の流れ

 カウンセリング

医師がまつ毛の状態を診察した後、看護師が本製剤の使用法をご説明いたします。

ご質問などがありましたら、何でもお聞きください。

本製剤の処方のみ希望の場合は予約は必要ありませんので、診察時間内にご来院ください。            

 処方

治療薬を院内処方いたします。

1箱70日分です。

 お会計

お会計時にお呼びいたしますので待合室でお待ち下さい。

 

 2箱目以降の診察

本製剤の処方のみの場合は予約は必要ありませんので、直接ご来院いただき、受付で「まつ毛治療薬希望」とお伝えください。

本製剤は医師の処方薬ですので、受診以外の方法でのお渡しはできません。

よくあるご質問

まつ毛の平均的な本数と長さは?

上まぶたのまつ毛は、
90~160本、長さ8~12mm
下まぶたのまつ毛は、
75~80本、長さ6~8mmというデータがあります。

なぜ「長く、太く、濃く」することができるのですか?

本製剤の有効成分であるビマトプロストが、まつげの休止期から成長期への移行を促進し、成長期の期間を延長させることにより、まつげの「長さ、太さ、濃さ」の増大に寄与すると考えられています。

まつ毛治療薬とまつげ美容液との違いは何ですか?

「薬事法」により、まつげケア用品は「医薬品」「医薬部外品」「化粧品」のどれかに分類され、一般的に、まつげ美容液は「化粧品」に分類されます。


「化粧品」は、厚生労働省の承認・許可は必要なく、「医薬品」や「医薬部外品」と比べて効能・効果が緩和であり、まつげ周りの環境を整え、健やかに保つことで、まつげのダメージを減らすといった効果を期待するものです。

まつ毛貧毛症治療薬とまつげ育毛剤との違いは何ですか?

「薬事法」により、まつげケア用品は「医薬品」「医薬部外品」「化粧品」のどれかに分類され、一般的に、まつげ育毛剤は「医薬部外品」に分類されます。

「医薬部外品」は厚生労働省が許可した有効成分が一定の濃度で配合されているものの、「医薬品」に比べ、効果・効能が緩和であり、「治療」ではなく「予防」を目的に作られたものです。

「医療用医薬品」とは何ですか?

医師の処方を必要とする医薬品を指します。

「医薬品」とは、「治療」を目的とした薬のことで、製造販売には厚生労働省の承認・許可が必要です。配合している有効成分の効果が厚生労働省から認められています。医師が処方する医療用医薬品もあれば、ドラックストアなどで購入することもできる大衆薬もあり、グラッシュビスタは医療用医薬品となります。 

まつ毛のエクステンションを装着したままで、本製剤を使用できますか?

まつ毛エクステンションを装着したままで本製剤を投与した試験は実施されていませんが、当院では、まつエクを止める前提での使用であれば良いと考えています。まずは、まつエクを装着したまま治療薬を開始し、まつ毛が伸びてきましたら、まつエクの再装着を止めていただくことをお勧めします。

投与期間中にマスカラを使用してもよいですか??

マスカラを使用しても構いません。ただし、治療薬を塗布する際はマスカラや化粧を落とし、清潔にした状態で使用して下さい。 

使い方

STEP1 ご使用の前に

グラッシュビスタは、夜、メイク落としと洗顔を済ませて清潔な状態にしてから使用します。                     コンタクトレンズは外してください。再装着は、本剤塗布15分以上経過後に行ってください。                     下まぶたに塗布したり、直接眼に点眼しないでください。

STEP 2 ブラシの準備

ブラシを容器から取り出します。ブラシの毛先には触らないようにしてください(必ず専用のブラシをお使いください)。        

ブラシを水平に持ち、ブラシの毛先部分にグラッシュビスタを 1滴落とし、染み込ませます。

STEP 3まつ毛の生え際へブラシで塗る

滴下後直ぐに、ブラシを使って、上まつ毛の生え際の部分を、目頭から目尻の方向へ丁寧に塗ります。下まつ毛には塗らないでください。

塗る時には、液が目の中に入らないように、下まぶたにつかないように気をつけてください。 塗布回数を増やしてもまつ毛の成長は促進されないので、1日1回を超えて塗布しないでください。

STEP 4 生え際以外についた液を拭き取る

液が上まつ毛の生え際以外についた場合は、コットンやティッシュなどですぐに薬液をふき取るか、洗い流してください。

STEP 5 ブラシを捨てる

片方のまつ毛を塗り終えたら、その都度使用したブラシは捨てて、再使用しないでください。

片方を塗り終えたら、新しいブラシを容器から取り出し、もう片方の上まつ毛にも、先ほどと 同じようにグラッシュビスタを塗ります。

使用上の注意

Web予約・お問合せ

土曜日の午前診療(保険診療)は8時半診療開始、11時半受付終了となります。

お問合せはお気軽に

026-217-1230

診療日のご案内

7月

 123456

7

8

9

10

11

12

13

14

15

16

17181920
212223242526

27

28293031   
8月

8月12日~16日は休診

    12

3

4

5

6

7

8

9

10

111213

14

151617

18

19

20

21

22

23

24

25

26

2728293031

休診日:水曜、日曜、祝日

ごあいさつ

理事長 新保 和花子

親切・丁寧な対応をモットーとしておりますのでお気軽にご相談ください。