皮膚科、痩身・しみ、しわ治療の美容皮膚科なら長野市「わかこ皮ふ科クリニック」へ。

医療法人咲花会 わかこ皮ふ科クリニック皮膚科・美容皮膚科

長野県長野市若里4丁目14番35号

●診療時間<皮膚科>9:00~12:00 15:00~17:30 <美容皮膚科>9:00~17:30(完全予約制)

お気軽にお問合せください

026-217-1230

ニキビのホルモン治療(抗アンドロゲン治療)

♦ ニキビの原因 男性ホルモン

女性のアダルトニキビ

ニキビの原因は

 皮脂の産生過剰               毛穴のつまり                アクネ菌の増殖

ですが、ニキビの発症や進行には男性ホルモンが深く影響しています。

男性ホルモンは、皮脂の産生を過剰にする        毛穴をつまらせる、この両方の機序に関わっているのです。

そのため、男性ホルモンの作用を抑えることで、ニキビの改善が期待できます。

それが、ホルモン治療です。

当院では、ニキビのホルモン治療として、                       ○スピロノラクトン                          よる抗アンドロゲン治療を行います。

♦ ニキビのホルモン治療

ニキビのホルモン治療とは、ニキビの原因に深くかかわる【アンドロゲン】というホルモンの産生を抑える治療です。

アンドロゲンとは、下の図で示すDHEAアンドロステンジオンテストステロンなどを言います。このなかでも強力な男性ホルモンであるテストステロンは、女性では卵巣や副腎で作られます。

このテストステロンは、直接もしくはDHTに変換され、アンドロゲン受容体に結合することにより、結果として皮脂の分泌を増やし、また、毛穴をつまらせコメドを生じさせます

スピロノラクトンは、元々高血圧の薬ですが、上図のように、テストステロンDHTアンドロゲン受容体に結合するのをブロックすることで、ニキビを改善する作用があります。

ただし、副作用として生理不順、無月経が起こり得るため、低用量ピルを併用していただきます。

♦ 治療の適応となる方

『標準的なニキビ治療では改善しにくい成人の女性であること』が前提です。さらに、

  • 顔の皮脂の分泌が多い方
  • 再発しやすい方
  • 重症度が高い方
  • 多毛傾向にある方
  • 月経不順がある方
  • 男性の髭が生える部位にニキビが出やすい方
  • 顔以外にも胸や背中など広範囲にニキビが出る方

注:男性はこの治療を受けられません。男性の重症ニキビにはイソトレチノイン治療をお勧めします。

♦ 治療の流れ

 初診

 予約は必要ありません診察時間内に直接ご来院ください。

ニキビ専用の問診票に記入していただきます。

問診票をダウンロードし、事前に記入していただいたものをお持ちいただけるとスムーズです。

診察前に、パウダールームで洗顔していただきますので、タオルをお持ち下さい。

これまでのニキビの治療と効果について確認します。通常の保険診療での治療を受けたことのない方は、まずは保険診療から治療を始めることをお勧めします。

ホルモン治療の適応があり、治療を希望される場合には自費診療の扱いとなります。

 看護師から治療上の注意についての説明があります。了承いただければ同意書にサインを頂戴します。

 治療を開始前の血液検査を受けていただき、ご帰宅となります。

 1週間後に再診(治療開始)

血液検査の結果が問題なければ治療を開始します。

治療開始前の記録写真を撮ります。

 2週間後に再診(治療開始2週目)

副作用の有無を確認します。

この頃は、ニキビの新生があっても皮脂の量が減っていることが多いです。

記録写真を撮ります。

 2週間後に再診(治療開始4週目)

治療開始1か月以降、ニキビの新生が減ってきますので、新生が続いているかを確認し、新生が続いている場合は服薬量を増量します。

記録写真を撮ります。

 以後、1か月に1度再診

  • 1か月に1度、再診していただき、ニキビの新生の有無を確認します。
  • ニキビの新生がない場合は、少しずつ服薬量を減らしていきます。
  • 治療開始3ヶ月目に血液検査をします。

 治療終了

治療は1クール20週間です。

1クール終了時の記録写真を撮ります。

♦ニキビ専用問診票 ダウンロード
♦ 治療の経過図
200mg/dayから開始し、順調に減量できた場合の例

♦ 副作用

スピロノラクトンは、元々、カリウム保持性利尿薬であり

  • 頭痛やめまい
  • 高K血症
  • 低血圧

や、ホルモン作用として

  • 無月経・生理不順

が起こり得るため、低用量ピルを併用していただきます。

♦ 治療にかかる費用(全て税別)
診察料初診料¥3,000
再診料¥1,000
抗アンドロゲン薬
スピロノラクトン1錠(50mg)

¥100

1日200mg  30日分

¥11,000

 1日150mg  30日分

¥8,300

 1日100mg  30日分

¥5,500

 1日50mg  30日分¥2,800
低用量ピル

マーベロン(28日分)

¥2,500
血液検査
血液検査費用1回 ¥3,000

Web予約・お問合せ

土曜日の午前診療(保険診療)は8時半診療開始、11時半受付終了となります。

お問合せはお気軽に

026-217-1230

診療日のご案内

4月

 

 

 

1

2

3

4

5

6

7

891011
121314151617

18

19202122

23

2425
2627282930  
5月
 

 

 

 

 

1

2

345

6

789

10

11

12

13

14

15

16

17

18

19202122

23

24252627282930
31      

休診日:水曜、日曜、祝日

ごあいさつ

理事長 新保 和花子

親切・丁寧な対応をモットーとしておりますのでお気軽にご相談ください。