ニキビやシミ・シワ治療で美容皮膚科をお探しの方を女性皮膚科専門医がサポート。長野市で皮膚科・美容皮膚科なら「わかこ皮ふ科クリニック」へ。

医療法人咲花会 わかこ皮ふ科クリニック皮膚科・美容皮膚科

長野県長野市若里4丁目14番35号

●診療時間<皮膚科>9:00~12:00 15:00~17:30 <美容皮膚科>9:00~17:30(完全予約制)

お気軽にお問合せください

026-217-1230

イソトレチノイン (商品名:ロアキュタン)

当院では、ニキビ治療において、まずは通常の保険診療から治療を開始しますが、他の治療法が有効でない難治な重症のニキビに限り、イソトレチノインを治療の選択肢としてご提案いたします。

イソトレチノイン治療は、重大な副作用を生じることがあるため、リスクを理解して治療に臨まれる患者さんにのみ処方いたします。

そのため、当院でニキビ治療を受けた患者さんの最終選択肢とさせていただきますので、原則初診の方には処方できません

 

♦ イソトレチノインとは

イソトレチノイン(商品名:ロアキュタン)は、ビタミンA誘導体を含む内服薬です。

ニキビの原因である、皮脂の過剰な産生を軽減させる作用と、毛穴のつまりを防ぐことで炎症を抑える作用を持つ、重症なニキビの特効薬です。

♦ 海外での位置づけ

このニキビ治療のガイドラインは、Global Allianceざ瘡治療アルゴリズムといって、世界のざ瘡の専門家による研究組織が2003年に発表した『ざ瘡治療ガイドライン』であり、国際的なガイドラインとして頻用されています。

そして、このガイドラインでは、重症のニキビの治療でイソトレチノインの内服(上図におけるレチノイド内服)は第一選択肢となっています。

ただし、日本では未承認の治療薬であり、医師が輸入し患者さんに処方することを除いて、患者さん個人が輸入することは禁止されております

♦ イソトレチノインの作用

皮脂を分泌する皮脂腺を縮小させ、皮脂の分泌を減らす

皮膚の角化を抑制し、毛穴のつまりを防ぐ

ニキビは皮脂の分泌亢進と毛穴のつまりが原因となるため、この強力な作用により重症ニキビに効果を発揮します。

 

♦ 治療ができない方
  • 妊娠中の方、妊娠の可能性がある方、妊娠を希望されている方
  • 授乳中の方

イソトレチノインの重大な副作用の一つに、妊娠している女性に投与すると流産や胎児の奇形を引き起こすという副作用があります。

そのため、服薬期間中とその前1カ月と服薬後6カ月間は避妊していただく必要があります。もし妊娠した場合は、すぐに服用を中止し医師に相談してください。

  • 15歳未満の方や成長期で身長が伸びている方
  • イソトレチノイン製剤、トレチノイン製剤、ビタミンAでアレルギーを起こしたことのある方
  • テトラサイクリン系の薬剤を内服されている方
  • うつ病その他の精神疾患で治療中の方
  • 肝機能障害のある方
  • 中性脂肪、コレステロールの高い方
  • ビタミンA過剰症の方
♦ 副作用

イソトレチノインの重大な副作用の一つに、妊娠している女性に投与すると流産や胎児の奇形を引き起こすという副作用があります。そのため、服薬期間中とその前1カ月と服薬後6カ月は妊娠してはいけません。もし妊娠した場合は、すぐに服用を中止し医師に相談してください。

その他の副作用としては

  • 精神病(幻覚、幻聴)、自傷行為自殺企図などの重大な精神疾患
  • 皮膚や粘膜の乾燥症状 :(保湿剤やリップクリームで対応します)
  • 鼻の粘膜が乾燥した場合に生じる軽度の鼻血 :(ワセリンを塗布します)
  • 頭痛 : (高用量を内服した場合に生じやすいです)
  • 発疹、軽度の痒み、落屑
  • 眼瞼炎、結膜炎
  • 筋肉痛や関節痛 : (運動中や運動後に生じやすいです)
  • 肝機能低下
  • 脱毛
  • めまい、吐き気
  • うつ傾向

などがあります。

♦ 服薬中に気をつけること

必ず医師の指示に従って服用してください。
服用期間中と服薬前1ヶ月間および服薬後6カ月間に性行為をする場合は、必ず避妊を行ってください。

服用期間中とその後6ヶ月間は妊娠、授乳、献血をしないでください。
※妊娠女性への輸血により、胎児にイソトレチノインの影響が生じるおそれがあります。

米国食品医薬品庁(FDA)の公表では、『服用期間中とその後1ヶ月間妊娠、授乳、献血をしないこと』とされていますが、当クリニックではさらに安全性を重視し、服薬後6カ月間は妊娠、授乳、献血をしないように説明しています。

♦ 治療の流れ

 初診

 予約は必要ありません。一般皮膚科の診察時間内に直接ご来院ください。

ニキビ専用の問診票に記入していただきます。

問診票をダウンロードし、事前に記入していただいたものをお持ちいただけるとスムーズです。

 これまでのニキビの治療と効果について確認します。通常の保険診療での治療を受けたことのない方は、まずは保険診療から治療を始めることをお勧めします。

イソトレチノイン治療の適応があり、治療を希望される場合には自費診療の扱いとなります。

 治療開始前の血液検査を受けていただき、ご帰宅となります。

 1週間後に再診(治療開始)

 血液検査の結果が問題なければ治療を開始します。

 再度、治療上の注意についての説明があります。  了承いただければ同意書にサインを頂戴します。

 妊娠の可能性がある女性は妊娠反応検査も受けていただきます。

 治療開始前の記録写真を撮ります。

 2週間後に再診

ニキビの新生の有無や副作用について確認し、薬の服薬量を調整します。

 2週間後に再診(治療開始1か月)

ニキビの状態や副作用の程度などを診察し、新生ニキビがなくなるまで服薬量を増量します。

血液検査と妊娠の可能性のある女性は妊娠反応検査を受けていただきます。

 以後、1か月ごとに再診

治療開始2ヶ月目からは月に1回の頻度で再診と血液検査(必要に応じて妊娠反応検査)を継続します。

 1クールは通常20週間です

イソトレチノインは、通常1日20mgとしていますが、副作用やニキビの新生の有無により適宜増減して調整いたします。

♦ニキビ専用問診票 ダウンロード
♦ 費用(全て税抜き)
診察料初診料¥3,000
再診料¥1,000
ロアキュテイン10mg

1錠 \470

30日分 ¥14,100

20mg

1錠 \640

30日分 ¥19,200

血液検査1回¥3,000
尿検査  妊娠反応検査1回¥960

お問合せはこちら

お問合せはお気軽に

026-217-1230

診療日のご案内

7月

7月14日(土)は14時半
受付終了になります。

1

2

3

4

5

6

7

8

9

1011

12

13

14

15

16

17

18192021
222324252627

28

293031    
8月

8月4日(土)は1日休診

8月11日~15日までお盆休みとなります。

   123

4

5

6

7

8

9

10

11

121314

15

161718

19

20

21

22

2324

25

262728293031 

休診日:水曜、日曜、祝日

ごあいさつ

理事長 新保 和花子

親切・丁寧な対応をモットーとしておりますのでお気軽にご相談ください。